魔法科高校の劣等生 4話



「魔法」は21世紀初頭に現実の技術として体系化された。
2045年から勃発した第三次世界大戦は、熱核兵器ではなく、
「魔法」での戦争となった。
人類の人口は30億人まで激減。21世紀末、不安定な情勢の中
各国は魔法技能士の育成に力をそそいでいた。
そんな時代に、国立魔法大学付属第一高校に、入学した兄
(補欠の二科生)と妹(優等生の一科生)がいた。
魔法の実技能力に欠ける兄だが、それ以外の能力でずば抜けた
ものを持っていた・・・。


アニメ動画 魔法科高校の劣等生 4話



前回 (ネタバレ)
テスト科目は抜群の成績だが、魔法実技が苦手な兄達也。
テスト科目も、魔法実技も優秀で、新入生総代も務める
妹深雪。
深雪は生徒会の書記として加わることを生徒会長の真由美より
乞われる。
一方、達也は魔法の起動式を読み取る能力を認められ、風紀委員
に真由美より推薦されるが、補欠の二科生が風紀委員になる
ことを快く思わない、副会長の範蔵に反対される。
反論した深雪を範蔵が侮辱したと受け取った達也は、範蔵に模擬戦
を申込む・・・

 司波 達也 ・・・主人公。1年E組。2科生。ペーパーテストは
         学年1位の天才。
         深雪のCADも達也が調整している。
 司波 深雪 ・・・達也の妹。1科生。

 同級生
 柴田 美月 ・・・達也のクラスメイト。霊子放射光過敏症の女の子
 千葉 エリカ・・・達也のクラスメイト。
 西城 レオンハルト・・・達也のクラスメイト。

 森崎 駿  ・・・深雪のクラスメイト。
 三井 ほのか・・・深雪のクラスメイト。

    生徒会
 七草 真由美・・・生徒会長。
 渡辺 摩利 ・・・風紀委員長。
 市原 鈴音 ・・・生徒会会計。
 中条 あずさ・・・生徒会書記。
 服部 範蔵 ・・・副会長。



魔法科高校の劣等生 4話へ



アニメの庭2トップへ



PR 北斗の拳 武論尊/原哲夫


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。